メキシコ&DC旅行 スティーブン・F・ウドヴァーヘイジー・センター2 

このページのトップへ
 後から修正や削除ができます。
 管理人への非公開コメントとして投稿。

ムーミン

UH-34Dは、顔の部分にレシプロエンジンが入っていまして、フレキシブルシャフトでメインローターに繋がる面白い格好しています。まだガスタービンが搭載されない頃の設計でここしか載せられなかったみたい。UH-1から天井に小型のガスタービンを載せるのが主流となり、今ではよく見るスタイルですね。比較が面白いです。折り畳みと言えばクルセイダーの翼も折りたたんでそのまま飛び回ることが出来ます。

Comment by: -  | 2015年 04月20日 | 編集

Re: ムーミン

こんにちは。コメントありがとうございます。

ムーミンといわれたら、確かにそんなお顔かもです。
説明文になんとかの後継機種がどうだこうだっていろいろ書いてあるんですが(ブログの写真では小さい文字ですので読みづらくてすみません)、よくわからないので読み飛ばしています。さらに他の機種との比較なんて・・・全くわかりません。設計上こういうお顔にならざるをえなかったんですね。たしかにUH-1はすっきりしています。でもこれはこれでかわいくて気に入っています。

ちなみに説明文には、H34のエンジンは東南アジアの高気温と高湿度で苦戦したというようなことが書いてありました。さらに展示してあるこのヘリコプターは外国では使用されなかったそうです。これがベトナム戦争で使われたのかと勘違いしていましたので、付け加えておきます。

Comment by: arty  | 2015年 04月20日 | 編集