ポルトガル旅行  ポルトに到着しました 

このページのトップへ
 後から修正や削除ができます。
 管理人への非公開コメントとして投稿。

まっすぐに走ったラインですけど、北米だったら送電線ですね。
結構あちこちで見た記憶があります。レンタカーで走っている時に、地上から見て納得したものです。

あと、事前に機内から撮った風景写真で、後でご自身が滞在した場所を特定できるって、凄すぎます。いつも機内から風景を見ながら、ここはどこなんだろうって思ってしまいます。
今日、台湾に向かう時に見えた無人島らしき槍ヶ岳のてっぺんだけ顔を出していた島も気になりました。どのルートを飛んだのか分からないのですが、鹿児島県っぽくなかったので、長崎県の離島かなぁ・・って。(と書いてから、flightradar24で確認したら、鹿児島県の宇治向島でした)

Comment by: R@台湾高雄  | 2016年 08月05日 | 編集

Re: タイトルなし

Rさん、こんにちは。

送電線なんですか?川幅よりは狭いですけど道路より広い木を払ったような帯がまっすぐにのびています。どういう構造なんでしょう??

飛行機からみた光景がどこかわかるのは楽しいですよね。このエリアは結構広いドゥロ川が蛇行しているのと、グーグルアースなどと見比べることができるので大体把握できました。カメラの性能がよくなっているおかげで拡大すると結構くっきり見えます。山や町はよっぽど特徴できでないとわかりづらい気がします。

Comment by: arty  | 2016年 08月05日 | 編集

日本の送電線のような超高圧の高い塔のものではなくて、街中の電柱や電線よりは大きくて太いですけど、中圧の送電線を横に3列並べて送電していました。

1つの巨大な塔を作るよりも、中圧の電柱(は言い過ぎですけど、そんな感じ)を3列並走させた方が、コスト的に安いのだと理解しました。土地代なんてゼロに等しいでしょうから。

理屈を考えれば、3列でなくて5列でも良いと思います。
私が見たのは、3列と2列だったかなぁ。最初に見たのが3列だったので、それに関してはしっかり記憶していますけど、大昔の話なんで、それ以外の列数は覚えていません。
あ、思い出しました。街中の電柱みたいな木の電柱で送電していた場所もありました。

ついでに、パイプラインなんかも延々と道路に並走していたのを見たことがあります。
地上にむき出しにして走らせていたので、無防備だなぁって思ったことがあります。(実際、車を近くに寄せてパイプラインを見に行きました)
これも20年以上前の話なので、いまは違うと思いますけど。

Comment by: R@高雄  | 2016年 08月05日 | 編集

Re: タイトルなし

Rさん、こんにちは。

なるほど、高圧電流の高い鉄塔でないんですね。低い所を通すために木をカットしたと思えば納得できます。無防備といえば無防備ですが、メンテナンスが楽でしょうし、コストを考えるとよいのかもしれません。車で移動するといろんなものを見ることができて楽しそうです。

Comment by: arty  | 2016年 08月05日 | 編集