ポルトガル旅行  レグアをお散歩 

このページのトップへ
 後から修正や削除ができます。
 管理人への非公開コメントとして投稿。

あ〜、懐かしい、懐かしい・・・レグアですね〜。
レグアは昭和の香り満開という思い出です。懐かしい街並みで覚えているポイントも多いです。
私の場合は、電車待ちの1時間程度の散歩だったので、あんまりうろうろ出来なかったのですが、市場も消防署も見つけられなかったです^^;
レグアは地方の町の中では、まだ大きい方で産業もあって観光客も来る場所のはずであろうところなのにやや荒廃した感というか、取り残された感(昭和っぽい所以)があって、ポルトガルの疲弊具合が見えるところなのかな?と思いながら歩いたのを思い出しました。

Comment by: EkaterinaYoghurt  | 2016年 08月06日 | 編集

Re: タイトルなし

EkaterinaYoghurtさん、こんにちは。

レグアの規模からいって観光客が歩くエリアは限られていると思いますので、ご覧になった光景が多数含まれているはずです。市場は小規模でしたが、消防署は新しくてきれいでびっくりしました(笑)。

ポルトガルという国はもちろん、地方都市の経済は特に厳しいのかもですが、ユーロ導入して無理したつけもあるんでしょうね。このように風光明媚な場所で、ポルトワインという特産品もあるのに、寂れた感が漂う町になってしまっているのは残念です。ポルトからそんなに遠いわけではないですし、他のエリアへのベースにもよい位置ですので観光客を上手に呼び込んで頑張ってほしいと思います。

でもってもっと商売っ気があってもよいのではと思います。ひそかに駅の飴売りのおばちゃんたちに声かけられたかった私です。自分から話しかけて買う勇気がなかったので(笑)。

Comment by: arty  | 2016年 08月06日 | 編集